肥満外来で行われている療法とは

肥満外来に通った方が良いと思われる人

肥満外来とは、専門家の指導の下で健康的なダイエットを行うことが可能な医療機関のことを指し、近年増加傾向にあります。軽度の肥満であっても通うことが可能で、患者によっては保険が適用されることもあります。肥満により高血圧や糖尿病が発症していたり、BMIが35以上の場合などは保険適用となります。これまでダイエットが上手くいかなかった人、または健康的な体を作りたいと思っている人は通院した方が良いと言えます。

肥満治療の種類と目的について

肥満外来における肥満治療とは、食事療法・運動療法が主となります。食事療法は、肥満治療において最も重要で、医師によるカウンセリングや栄養士による食事指導が行われます。食事指導は食生活の見直しや栄養バランスの摂り方が中心です。運動療法は体脂肪を減らし、健康的な体を作りあげることを目的に実施されます。患者に合った運動プログラムが提案され、ウオーキングをはじめとする有酸素運動・筋力運動を毎日30分程度続けます。

肥満外来に通院することの利点

肥満外来に通うことは、肥満の原因を洗い出したり、肥満が病気によるものかどうか調べてもらえる利点があります。自分でダイエットを行うと、やり方を間違えた場合には健康を害してしまいかねないです。肥満外来は、医師などの専門家がチームを組んでサポートをしてくれるため安心できます。ダイエットを成功させるには、定期的に医療機関に通うことが大事です。通院が難しい場合は、医療機関に入院してダイエットを受ける方法もあります。

肥満外来とは、肥満の方が通う病院です。体重が増え過ぎないように医師から食事や運動の指導をされます。また、胃バイパスなどの手術を行う所もあります。